外注アウトソーシングの歴史
  1. TOP>
  2. 外注アウトソーシングの歴史

外注アウトソーシングの歴史

なぜアウトソーシングなのかと問われた時に、その質問に対する回答は柔軟な経営体質を構築するのに最も適しているからであると説明をするのです。

今の社会において、企業は柔軟な経営体制が求められているのです。ものづくりのメーカーを例にすると、まず製品の切り替えが大変に早くなっているのです。短期スパンで製品が切り替わるので、その切り替わりに対応できる体制が必要なのです。

この切り替わりと生産の上下に対して、固定的な人材では対応出来ないことからアウトソーシングの活用が拡がっていったのです。そして、そうなった要因にはもう一つの理由があるのです。それは価格です。商品が短期スパンで切り替わっても生産の上下が大きくても、それに対応する固定的な人材を雇っておけるだけ製品の販売価格が高ければ問題はないのですが、それを固定的な人材で対応していく為に必要な製品価格では売れないことからアウトソーシング化が進んだのです。

結果的にこのアウトソーシング化によって、短期スパンの商品サイクルであっても生産数の上下があっても市場で勝負できる製品価格が実現できて企業が発展存続したのです。この流れは経済規模が世界規模になり、海外のメーカーとの競争もあった中での事ですが、国内メーカーはアウトソーシングの導入によって、世界経済の中で戦える体制を構築出来たと言えるのです。このアウトソーシングがなければ国内メーカーは大きな打撃を受けてしまい無くなっていた可能性もあると言えるのです。