アウトソーシングのデメリット
  1. TOP>
  2. アウトソーシングのデメリット

アウトソーシングのデメリット

アウトソーシングと言うものがあります。要するに、業務の一部を外部に発注することを言います。特に多いのが、事務関係です。事務関係をアウトソーシングにすることが多いです。その企業の重要な部分、最も利益をあげる生産や営業に関しては、アウトソーシングされることは殆どないです。それで企業を成り立たせているのですから、当然のことです。

経理や総務に関してアウトソーシングをすることが最も多いことです。事務仕事であるならば、特に企業によって技術的な違いはないからです。給料計算、福利厚生などはどんな企業でも似たようなものです。ですから、外注に出しても企業の本質的なところには影響がないのです。

もちろん、色々と問題点はあります。例えば、個人情報を扱うところになりますから、かなり厳重な個人情報の取り扱い規定が必要となります。外注になる場合はそのあたりがずさんになることが多いのです。ですから、アウトソーシング先もしっかりと信頼の出来るところを探す必要があります。言うまでもありませんが、事務仕事と言うのはやればやるほど効率的になります。多少、独特な人事体系であったとしても慣れてしまえば、かなり効率的にやってもらえます。

アウトソーシングの最大の利点は専門的な人たちに効率的に仕事をしてもらえることであり、コスト削減にあります。コスト削減は、企業の利益を上げるための方法として非常に有効的なことです。もちろん、本業で稼ぐことは当然ですが、出来るだけ経費を削減することが、その儲けを出来るだけ多くする方法の一つなのです。