物流アウトソーシング
  1. TOP>
  2. 物流アウトソーシング

物流アウトソーシング

アウトソーシングは、社内の様々な専門的な仕事を社外に委託して、社内の業務を円滑化させようと考え出されました。

現在では、配送や物流関係においてもアウトソーシングが進んでいます。しかし、かつては社内のシステム系の業務が中心となっていました。社内のサーバーや回線を外部でレンタルしたり、その保守点検を委託する、などが主です。社内専用のアプリケーションを運用、管理してもらう事や情報システムの構築や開発、移行など高い専門性を必要とする業務でした。

現在はもっと踏み込んだ重要な業務にまで及んでいます。例えば、経理部門や社員教育、技術開発、デザイン、模型の制作など専門技術を要するものから、簡単な計算、入力作業まで様々です。現在では、作業は自社内で行っているものの、物流関係は全てアウトソーシングという会社が増えています。トラックの維持や動きだけでもかなり手間や労力が増えてしまうからです。

アウトソーシングは業務のスリム化だけでなく、コスト面でもメリットがあります。社内で専門分野の人材を確保するには人材探しから始まって面接や試験を行い、入社後は社員教育も必要です。また、社員には社会保険など福利厚生や残業代など人件費がかなり掛かります。しかし、それらを全てクリアした外部の人が必要な時にだけ、クオリティの高い成果を上げてくれるのです。

しかし、社内の機密やノウハウなどが漏洩する危険があり、注意しなければならない点もあります。アウトソーシングを提供する会社は、自社の専門性を活かし高い技術力と正確さ、納期の確実さをアピールし、受注を延ばします。委託する側は会社の核となる部分を強化し、外部をフル活用して環境の変化に対応して行くことが出来ます。そして競争力を強化して行く戦略的アウトソーシングとなっています。