人的リソースのアウトソーシング
  1. TOP>
  2. 人的リソースのアウトソーシング

人的リソースのアウトソーシング

現在の企業では、自社でやらなくても良いルーチンワーク的業務や直接利益を産まないバックオフィスと呼ばれる庶務・総務・経理等の部門やサーバーの運用・維持・管理等をアウトソーシングすることが、一般的です。

最近では、新人研修や管理者研修等の教育をアウトソーシングするビジネスまで、出てきています。つまり一言で言えばアウトソーシングは、コスト削減を行なうための手段と言うことが出来ます。それでは、アウトソーシングについて詳しく、ご説明致します。その一、最もコストを産み出しているのが人件費です。

ですから、アウトソーシングによって、その業務にかかる人材の採用コスト・教育コスト・保険料・退職金等の費用をゼロに出来ます。当該の仕事が出来る派遣スタッフを短期間雇入れれば、正社員を増やさずに業務拡大をすることも可能になります。そのニ、固定費の変動費化です。企業によっては忙しい時期と割と時間の保てる時期が一定していない場合、短期間そこに正社員ではないテンポラリー・スタッフを雇入れれば、ダイナミックな人的投資の活用が可能になります。

その三、コア業務の強化です。その企業にとって根幹となる研究・技術開発に携わる社員に集中して、業務を遂行してもらい、ルーチンワーク的な業務はテンポラリ・スタッフにまわすということが出来れば企業としての活力も産まれます。更に詳しい情報が欲しい場合には、インターネットの検索サイトをご利用下さい。検索キーワードとして、アウトソーシング、というキーワードを指定して検索してみて下さい。