コストシミュレーションをしっかりしよう
  1. TOP>
  2. コストシミュレーションを
    しっかりしよう

コストシミュレーションをしっかりしよう

アウトソーシングとは、日本語に直すと外注、或いは外製と言うことになります。本来、組織内で行っていた業務を独立した外部組織とサービス契約をして購入することを言います。

ちなみにあまり知られていませんが、対義語にインソーシングと言う言葉があります。アウトソーシングの有効的な活用法としては、基幹事業ではなく、総務、経理などの分野で利用することです。最近では専門家を雇うほどではないという理由からコスト削減の為に、IT関係のアウトソーシングがよく行われています。

最近は、どんな業種でもコンピュータを利用しています。しかし、大規模なコンピュータシステムと言うのは専門的な能力、知識を必要とします。そうしたシステムを構築するには、専門の部署が必要となります。システムを作るだけならば、外部に一度委託すれば良いのですが、コンピュータは保守、運用することが必要なのです。

ですから、独自にIT部門を持つのではなく、その分野のみはアウトソーシングにするところが多いのです。独自にIT系の人材を育成する手間が掛かりませんし、かなり効率的にIT部門の運用をすることができるようになります。コンピュータと言うのは日々、進化していくものですから、出来るだけ新しい技術を持った人を得る必要があるのです。その為には、自社で人材を育成するより、既に出来上がった人を外部から雇ったほうがコストの削減になります。

コンピュータで利益を得ているわけではないのですから、そうした人材にお金を掛ける必要はないのです。しかし、かえってコストがかかる結果に終わる可能性もあるので、コストシミュレーションは徹底しましょう。