経営資源を集中投下
  1. TOP>
  2. 経営資源を集中投下

経営資源を集中投下

アウトソーシングとは、自社の仕事を外部の業者に業務委託することをさします。外部に業務委託をすることで、その企業に勤務する人々は、本来自分たちが行うべきコア業務に集中することができ、非コア業務から解放されることができます。

また、企業としても、今まで非コア業務のために確保しておかねばならなかった人員を雇わなくて済むようになりますので、結果として人件費を削減することができるようになります。そして今、多くの企業で、このようにアウトソーシングで経営の効率化を図ろうとする動きが加速しています。

アウトソーシングされる業務には、様々なものがあります。代表的な例としては、事務や受付、コールセンターやヘルプデスクといったものがあげられます。というのも、これらは企業を運営するには必要不可欠な業務ですが、同時に利益を生まない業務でもあります。この利益を生まない業務のために、わざわざ人を雇い、何年も業務をこなせるように教育し、育て上げるための費用を考えると、即戦力になる人員がそろっている外部の業者に業務委託を行い、一定の金額を支払ったほうが、結果的に安くすむというわけなのです。

同じような理由で、営業や販売、業務システムの保守管理なども、どんどんとアウトソーシングされる傾向がみられます。そして驚くことに、従来は企業の基幹業務とされていた、経理や給与業務のアウトソーシングを行う企業までが登場してきているといいます。